MENU
Message

エバーグリーンから届けたい想い

時代が変わっても色褪せない、未来へ残したい一冊を

「人類の命の意味は1つ、未来をよくすること」
これは私の尊敬する経営者から教わった言葉です。

時代の経過と共に、テクノロジーは発達していき、クルマや電化製品もよりアップデートしていきます。
要するに私たち人間は、「未来をよくすること」を使命とし、この世に生を授かっているのかもしれません。

これまで歴史を辿ると一目瞭然ですが「教育」の発展、橋渡しの役割として、「出版」はとても大事な意味を担っています。

当時の先人たちが残してくださった叡智を、いまだに私たちは「本」を通じて学んでいます。
過去から引き継いできたように、今度は我らが後世へ継承するため、現代の良質なコンテンツを未来に残し、日本の教育に貢献を果たすことができるのであればこの上ない幸せです。

また社名にも深い意味があります。
「エバーグリーン」は、音楽用語で「不屈の名作」という意味です。
また、直訳すると「常緑・常緑樹(の枝)」ですが、比喩的に「いつまでも新鮮な」や「青春」という意味があります。

私の掲げる人生のテーマ「青春」というキーワード。
青春と聞くと、中学生・高校生など年齢的な若さを連想する方も少なくありません。
あなたは、ドイツの作詩家サミエル・ウルマンの言葉をご存知でしょうか。

【青春とは人生の一時期のことではなく、心のあり方のことだ】

若くあるためには、創造力・強い意志・情熱・勇気が必要であり、安易(やすき)に就こうとする心を叱咤する冒険への希求がなければならない。
人間は年齢(とし)を重ねた時老いるのではない。理想をなくした時老いるのである。
~サミエル・ウルマン~

上記したように、「青春」とは年齢的な若さではなく、「ココロの在り方」を言います。

顧客に、社会に、国全体にとっていいことを継承するため未来永劫、飽くなき理想を追求し続けます。

エバーグリーン・パブリッシング
代表取締役 CEO
了戒 翔太

Profile

了戒翔太-りょうかいしょうた

クリエイティブ・プロデューサー/コピーライター/出版販促プロデューサー/ミュージシャン

・一般社団法人バイタライザー 代表理事
・エバーグリーン・パブリッシング株式会社 代表取締役

1985年東京生まれ。
高校一学年を終え、家計を助ける為に夜間定時制に編入。
日中は寿司屋、クリーニング店でのアルバイトを掛け持ちしながら勉学に励む。

卒業後はアパレル販売員を経て本田技研工業関連会社に入社。
全国3000店舗のHONDA関連企業で開催されるコンサルプレゼン(QCサークル)にて
2012年「最優秀賞」の全国1位を受賞。

その実績から2013年、ベンチャー系マーケティング会社にヘッドハンティングされ、
同社内にて出版部門の立ち上げに参画し、出版業界に参入。

2014年、独立起業し出版物の販促プロデュースを支援する専門家として、
手掛けたプロデュースは累計100万部を超え、
重版率7%未満と低迷している出版業界で増刷成功率は87.2%は異例。

その実績から設立初年度からサンマーク出版、河出書房新社、KADOKAWAをはじめとした
業界をリードする出版社からのオファーが絶えない。

その後、田中克成氏考案の非言語コミュニケーショントランプカードゲームGIFTRを
日本から世界に輸出するべく、ギフトコミュニケーションズ株式会社を
2015年8月に立ち上げ代表取締役に就任。

独自開発のトランプゲーム体験会は全国各地で人気を博し、
設立からわずか1年で累計2000名以上を動員し、
スイスやオランダでもネットを通じ話題となる。
同社理念に賛同した90名のファシリテーターを有する急成長を遂げる。

2016年10月、エバーグリーン・パブリッシング株式会社を設立。

出版物のみならずeラーニング事業を開始し、
オンラインスクールのプロデュースだけでも毎年1億円以上の売上を記録する
独自の広告企画・マーケティング手法には定評があり、
国内外の大手企業、出版社、ベストセラー作家のクライアントも多い。

一方で、音楽と自己啓発の融合をテーマに
1000人規模のFESやイベントを定期的にプロデュース。
自身も「言海祥太」というアーティストネームで楽曲制作を行い
ミュージシャン活動で注目を浴びる。

2020年3月、一般社団法人バイタライザーを設立、代表理事に就任する。
近年では企業・個人のみならず食品、化粧品、雑貨などあらゆる
プロダクトマネージメントにも携わり
「好き」と「経済」を両立させる新時代のスラッシャーとしても異名を持つ。

平日ビジネスマン、週末ミュージシャン、土日は二児のパパとして活動中。

ファーストCDアルバム「世界観」Amazonにて好評発売中。
著書に「自己啓発って言いたくないけど、でも誰かを啓発する言葉」(かざひの文庫)がある。

CHECK!! evergreen publishing OFFICIAL MAIL MAGAZINE エバーグリーンの 公式メルマガ 登録受付中